MENU

BLOG/ ブログ

ネットワークエンジニアの年収相場を大解剖!年収1000万を目指す方法をご紹介

ITエンジニア
ネットワークエンジニアの年収相場を大解剖!年収1000万を目指す方法をご紹介

ネットワーク関連のシステム構築、あるいは保守・管理といった作業を専門的に行うのがネットワークエンジニアという仕事です。ネットワークエンジニアへの転職や就職を目指す方にとって、仕事内容と同様に金銭事情が気になるのではないでしょうか。 とくに日本国内においてネットワークエンジニアは人手が少なく、需要が高い職業です。この仕事に就いた場合、目安としてどの程度の年収を稼げるのでしょうか。そこでこの記事では、ネットワークエンジニアで給料アップを実現させるコツや、年収1000万円を目指す方法についてご紹介します。

ネットワークエンジニアの年収相場は働き方によって大きく変わる

ネットワークエンジニアの年収相場は、年代や職場の規模、そして雇用形態に応じて大きく変化します。まずは、どのような環境に身をおくと稼ぎやすくなるのかを整理しましょう。項目ごとに年収の相場を解説します。

 

年代があがるにつれて年収も高くなりやすい

ほかの職種と同じように、ネットワークエンジニアも年代があがるにつれて、年収が高くなりやすいといえます。ただし専門知識が多く求められる職種であることから、20代であっても400万円を上回る年収を確保することが可能です。

 

30代になると上流工程の仕事を任される機会が増え、年収は500万円以上にアップするケースが目立ちはじめます。管理職を任される場合は年収がさらに増加し、年収700~800万円を稼ぐ人もめずらしくありません。

 

外資や大手ほど年収が高くなりやすい

ネットワークエンジニアとして、もっとも高額な年収を稼げるのは外資系です。金融をはじめとするほかの業種と同じように、ネットワークエンジニアの年収も高額になります。年収1000万円も視野に入りますが、一般論として激しい競争に身をおくことになる場合が多く、内資と比べると離職率があがることが特徴的です。

 

内資だとしても、大手企業であれば目安の平均年収は700万円を上回ります。一方で中小企業は、規模に応じて400~600万円程度と格差が生じやすいことが特徴です。これはクライアントから受注する仕事の規模に差が生じることや、ボーナスの金額に格差が生まれることがおもな理由となるでしょう。

 

雇用形態による年収格差も生まれやすい雇用形態による年収格差も生まれやすい

多くの業種がそうであるように、ネットワークエンジニアも正社員ほど高い年収を得やすく、派遣社員・アルバイトほど年収が下がりやすいという特徴があります。正社員は福利厚生も受けられるため、実質的な賃金をあげられることも強みです。

 

派遣社員の時給は2,000~3,000円、アルバイトの時給は2,000円前後が一般的といえます。ただし、スキルに応じて時給が増減することになりますので、未経験者の場合は相場よりも低い賃金で雇われることもめずらしくありません。

 

ネットワークエンジニアの年収は低いのか?

ネットワークエンジニアの年収は、世間一般の相場から比較すると「やや高い」と評価できます。しかし上記でご紹介した年収はあくまでも平均であり、年収が高い技術者と、そうでない技術者に分類されやすい業界であることは知っておきましょう。

 

年収を決める三大要素は、前述したとおりの年代・企業規模・雇用形態です。ただしこれらにくわえ、評価される基準として「スキル」があります。システム構築などの上流工程を任される人ほど年収が高く、運用や保守といった作業に選任する人ほど年収は低くなります。

 

ネットワークエンジニアとして平均以下の年収から抜け出すためには、スキルや資格の数を増やし、上流工程を担当できるよう成長することが不可欠です。スキルアップを目指すうえで重要になるコツは、次の項目で詳しくお伝えします。

ネットワークエンジニアが年収をあげるために知るべき3つのコツ

ネットワークエンジニアとして年収をアップさせるためには、いくつかのコツを生かすと有効です。具体的には3つのコツをご紹介できますので、実現可能な範囲から試すことをおすすめします。

 

スキルアップして社内評価を高める

企業が受注する依頼の種類は多様化しており、現代的な技術に対応できる技術者ほど社内評価が高くなります。常にスキルアップすることを心掛け、最新の知識や技術へと自身をアップデートすることにより、出世に近づけるでしょう。

 

たとえばクラウドは、近年多くの企業が取り入れているサービスのひとつです。クラウドに関する知識をもつ技術者は重宝され、より重要なプロジェクトの一員として組み込まれる確率が高まります。新しい技術を敏感に察知し、それを生かす能力を身につけることが年収アップへの近道です。

 

資格を取得してレベルアップする

「スキルアップ」というだけでは漠然としており、可視化することが難しいため、企業としてはかんたんに評価できません。しかし有力な資格を取得できれば、客観的な評価がしやすくなり、年収アップを実現させられます。

 

ネットワークエンジニアの場合、CCNA、あるいはAWS認定といった資格を取得すると有利です。AWS認定は、前述したクラウドに関連するスキルをもつことを示す資格です。会社の事業内容に応じて、求められている資格を取得するとよいでしょう。

 

転職することも年収アップにつながる

わかりやすく年収をあげるための方法としてご紹介できるのが、転職してステップアップを果たす方法です。現在勤めている企業から、より好条件を提示する企業へと転職することにより、すぐに年収アップができます。

 

エンジニアとしてのキャリアパス形成を考えると、少しでも若いうちに転職し、多くの経験を重ねたほうが有利でしょう。黒字経営が続いている企業を選んで転職すれば、最大手ではないとしても、安定した年収を稼ぎ続けられる可能性が高くなります。

 

フリーランスになるという道もありますが、大きなコネクションをもつ人以外にはおすすめできません。とくに20~30代という若い世代のエンジニアは、実務経験を得ることができ、上位職へのキャリアパスも明確にして働ける企業勤めを優先して選びましょう。

 

ネットワークエンジニアは年収1000万円を目指せる

収入の高さを示すうえでひとつの基準となるのが、年収1000万円です。ネットワークエンジニアとして、この大台を超える年収を確保できる可能性はゼロではありません。高額報酬を実現させるための方法をご紹介します。

 

大前提となるのはじゅうぶんな実績をもつこと

年収1000万円を確保するために、大前提として必要になるのは「じゅうぶんな実績をもつこと」にほかなりません。大手企業であればエンジニアとしての実績を重ね、上位職に就くことで、年収を1000万円も可能といえるでしょう。

 

さらに年収1000万円を稼ぎやすくするためには、次にご紹介する外資企業への転職や、フリーランスへの転身も有効です。ただし、それを実現させるためにはじゅうぶんな実務経験が必要不可欠であり、20~30代はそのための基盤作りの年代と考えましょう。

 

報酬が高い海外の企業に転職する

外資系企業は、内資と比較して給料水準が高いという特徴があります。仕事の中身や難易度に大差がなくても、年収は数百万円単位でアップするケースも目立っており、こういった企業に転職することで年収1000万円に大きく近づけます。

 

しかし外資系企業は募集人数が少なく、高いスキルをもつ人材だけを募集する狭き門です。エンジニアとしての技術以外にも、ビジネスで通用する語学力が求められることも多いため、未経験から就職・転職することは困難でしょう。

 

フリーランスに転身して収入をアップさせる

フリーランスとして活躍するネットワークエンジニアも増加傾向にあります。会社所属とは異なり、受注した仕事の報酬をすべて自分のものにできるという特性があります。売れっ子になれば、年収1000万円を稼ぐことは比較的かんたんといえるでしょう。

 

ただし、フリーランスとして仕事を獲得できるかどうかは、個人のスキルやコネクション次第です。不安定な業務形態でもあることからデメリットも多く、会社員から転身する際はじゅうぶんに注意しましょう。

 

まとめ

ネットワークエンジニアの年収は、年代や企業規模、雇用形態により異なります。総合的な評価としては、すべての業種をふくめた平均年収を上回るケースが多く、スキルアップを果たすことで、年収1000万円を目指すことも可能です。

 

年収アップの近道として、資格の取得や転職があげられます。将来的には報酬の高い外資系企業への転職、あるいはフリーランスへの転身といった方法で年収アップを目指すこともできるでしょう。しかし、エンジニアとしての基盤作りが重要な20~30代という年代は、まず専門企業に転職し、じゅうぶんな実績を重ねることがもっとも重要です。

 

CATEGORY
カテゴリー

RANKING
人気記事ランキング