MENU

BLOG/ ブログ

プロジェクトマネージャーの役割や仕事内容&将来性を高めるおすすめ資格4選

ITエンジニア
プロジェクトマネージャーの役割や仕事内容&将来性を高めるおすすめ資格4選

システム開発の現場では、プロジェクトマネージャーが全体の進行管理を行います。開発現場で働きながら、キャリアアップのためにプロジェクトマネージャーを目指そうと考える方もいるのではないでしょうか。 この記事では、プロジェクトマネージャーの仕事内容や年収を紹介します。プロジェクトマネージャーの役割が分かれば、求められるスキルや資格、キャリアパスが理解できるでしょう。キャリアアップを考えている方は転職もおすすめです。

 

プロジェクトマネージャーの役割とは?

プロジェクトマネージャーとは、システム開発をはじめとしたIT関連のプロジェクトで重要な役割を果たすポジションのひとつで、やりがいのある仕事です。ここでは、プロジェクトマネージャーの役割とあわせて、混同されがちなプロジェクトリーダーとの違いも紹介します。

 

プロジェクトマネージャーとは?

システム開発のプロジェクトにおいて、全体の進行管理を担うのがプロジェクトマネージャーです。通常、プロジェクトは複数のエンジニアがチームを構成して開発に携わります。メンバーをまとめ、チームとして円滑に開発を進めるための適切な進行管理役が欠かせません。

 

また、開発チームの責任者として、プロジェクトの進捗や成果物に対して責任を負うポジションでもあります。企画・立案から納品まで一貫して開発に関わるため、開発業務に必要な技術だけでなく、管理者としてのスキルが求められる職業といえるでしょう。

 

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

開発プロジェクトには、プロジェクトマネージャーの他にプロジェクトリーダーがいる場合があります。プロジェクトリーダーは現場で開発業務に携わるエンジニアに指示を出すことが主な仕事です。一方、プロジェクトマネージャーは全体の進行管理を行うマネジメント業務がメインとなり、開発チーム内で果たす役割がそれぞれ異なります。

 

実際のプロジェクトでは、プロジェクトマネージャーが進行計画を策定し、プロジェクトリーダーはその計画を達成するためにエンジニアをまとめて適切な指示を出すことが役割になるでしょう。プロジェクトリーダーとして働く場合も、高い開発スキルとリーダーシップが必要です。

 

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの企画段階から完了まで全てに携わります。携わる範囲が広いため、それぞれのプロセスで行う仕事内容が分からない方もいるでしょう。ここでは、プロセスごとの具体的な仕事内容を紹介します。

 

プロジェクトの企画や立案

まずは、ユーザーの要望をヒアリングしてどのようなシステムを開発するか考えます。予算や期間に応じて、開発するシステムの具体的な内容や実装する機能、スケジュールを決定します。

 

仕様が定まったら、開発計画を立案して工数や人員を明確にする必要があります。開発するシステムの規模や構造によって、必要な人員や開発期間は大きく異なります。

 

メンバーの選定と手配

プロジェクトが発足したら、開発業務を担当するエンジニアを選定して手配します。予算や開発期間、システムの規模に応じて適切なエンジニアを手配することが重要です。

 

手配したエンジニアに、それぞれが担当する範囲を割り振ります。通常、開発業務には複数のエンジニアが関わるため、役割を明確にしなければ円滑にプロジェクトを進められません。得意分野や能力に応じ、適切にタスクを割り振るのもプロジェクトマネージャーの仕事です。

 

プロジェクトの進行や管理

プロジェクトが進行している間は進行管理を行います。発足時にはキックオフミーティングを開催し、開発目的やスケジュール、納期をチーム全体で共有します。中間目標を定め、達成できるようにサポートすることも大切な仕事です。

 

多くのエンジニアが参加することが多いため、適切に管理しなければプロジェクト全体の進行に影響を及ぼします。予期せぬ問題が発生したときは、ユーザーと交渉し、スケジュールを調整することも仕事のひとつです。

 

プロジェクト内でのコミュニケーションやサポート

プロジェクト内でチームやメンバー同士の連携をサポートするのがプロジェクトマネージャーの仕事です。しかし、中には他部門と連携するプロジェクトもあります。このようなケースでは、必要な情報をしっかりと共有し、開発が円滑に進むようサポートしなければなりません。

 

また、ユーザーと開発チームの間で何らかの調整が必要になる場合もあるでしょう。プロジェクトを遂行する上でのコミュニケーションやサポートも重要な仕事のひとつです。

 

プロジェクト完了後の評価やレビュー

成果物を納品してプロジェクトが完了したら、評価やレビューを行います。全体を振り返り、プロジェクトの進行に問題がなかったか、問題があった場合はどのように改善すればよいかを検証するプロセスです。

 

完了報告書を取りまとめ、場合によっては完了報告会を開催することもあります。プロジェクトから得た教訓を、次のプロジェクトに生かしましょう。

 

プロジェクトマネージャーの年収について

プロジェクトマネージャーの年収は地域や業種によって異なり、一定ではありません。高年収を目指すのであれば、傾向を理解した上で転職先を選ぶことが大切です。ここでは、平均年収の他、初任給、地域別、業種別の年収傾向を紹介します。

 

プロジェクトマネージャーの平均年収

2021年1月時点におけるプロジェクトマネージャーの平均年収は601万円で、IT関連の職種の中では高い水準です。

 

ただし、全体で見ると、300万円台〜1,100万円台と幅広く分布しています。勤務先や実務経験の豊富さ、求められるスキルによって年収に大きな差が出ることを示しており、実際の求人では「経験、知識などにより応相談」と記載されている点が特徴です。

 

キャリアアップして高収入を得るには、高度なスキルを習得して高い年収を提示する企業に転職する必要があるでしょう。

 

プロジェクトマネージャーの平均初任給

2021年1月時点で、プロジェクトマネージャーの初任給は約21万円が相場です。ここから年収を計算すると252万円で、平均年収と比較すると大幅に低いことが分かるでしょう。

 

つまり、プロジェクトマネージャーの年収は、経験を積みスキルアップすることで高くなると考えられます。就職して安心するのではなく、必要な知識を継続的に学習し続ける姿勢が年収アップの鍵となるでしょう。現場での経験を積みながらスキルアップした後に、高い年収を提示する企業への転職を検討することをおすすめします。

 

地域別の年収傾向

日本国内でプロジェクトマネージャーとして働く場合、地域によって平均年収には差があります。2021年1月時点で平均年収が高い地域は以下の通りです。

 

・関東:541万円

・東海:536万円

・関西:534万円

・中国:534万円

 

一方、甲信越・北陸、九州・沖縄は400万円台と低い傾向があります。基本的に、大都市を含むエリアは平均年収が高いといえるでしょう。都道府県別で平均年収が高いのは東京都(653万円)と神奈川県(574万円)です。

 

業種別の年収傾向

プロジェクトマネージャーの平均年収は、業種によっても大きく異なります。2021年1月時点の条件付き求人を見ると、年収が高いのは以下の業種です。

 

・ベンチャー:647万円

・不動産:622万円

・ゲームアプリ:602万円

 

業種によっては平均年収が500万円に満たない場合もあり、プロジェクトマネージャー全体と比較しても低い水準です。転職によって年収アップを目指すのであれば、平均年収が高い業種を検討して選んだほうがよいでしょう。

 

プロジェクトマネージャーに求められる能力

プロジェクトマネージャーはシステム開発において幅広い業務を行うため、さまざまな能力が求められます。具体的には「リーダーシップ」「コミュニケーション力」「マネジメント力」の3つです。それぞれの能力をどのような場面で必要とするのか解説します。

 

リーダーシップ

多くのエンジニアが携わるプロジェクトを成功させるには、チームを導くリーダーシップが必要です。プロジェクトが発足してから完了するまで、さまざまな場面で複数人を束ねる能力が必要です。

 

会議やプレゼンテーションの際もリーダーシップは求められ、円滑にプロジェクトを進めるには不可欠なスキルといえるでしょう。プロジェクトマネージャーを目指す方は、早いうちからリーダーシップを培うことが大切です。

 

コミュニケーション力

プロジェクトマネージャーは、業務におけるさまざまな場面でコミュニケーション力を発揮します。例えば、ユーザーのニーズを把握したり、問題が発生したときに交渉したりする際には直接話し合わなければなりません。また、チームをまとめるためにもコミュニケーション力は必要です。

 

プロジェクトはひとりで進めるのではなく複数人が携わります。円滑に計画進行のためにも、必要不可欠なスキルといえるでしょう。

 

マネジメント力

プロジェクトマネージャーのメインの仕事はマネジメントです。例えば、エンジニアの得意分野を考慮し、適切な仕事を割り振ります。また、仕様やコスト、契約管理も重要な業務です。

 

したがって、業務を遂行する上でマネジメント力は欠かせません。プロジェクトの進捗を正しく把握し、適切に人員を配置したりスケジュールを立てたりする能力が必要です。

 

プロジェクトマネージャーが取得しておきたい資格4選

プロジェクトマネージャーとして働くために取得しなければならない必須資格はありません。しかし、必要とされる能力を証明する資格を取得すれば、転職において有利になるでしょう。ここでは、プロジェクトマネージャーとして働く上で取得したい4つの資格を紹介します。

 

PMP試験

・実施機関:PMI(Project Management Institute)

・試験スケジュール:随時実施

・試験会場:PPC各所

・取得者数:非公開

・受験料:555 USD

 

PMPは、アメリカの非営利団体PMI(Project Management Institute)が実施するプロジェクトマネジメント関連の国際資格です。プロジェクトマネージャーに関する資格のデファクトスタンダードとされており、取得することで高いスキルを備えていることが客観的に証明できます。

 

試験では実際の開発現場におけるさまざま場面について出題され、プロジェクトの立ち上げ、進行計画、実行、監視といったあらゆるシーンでの対応が問われるでしょう。

 

プロジェクトマネージャー試験

・実施機関:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)

・試験スケジュール:毎年10月

・試験会場:IPAが指定する会場

・取得者数:39万1,199人(2020年12月25日時点)

・受験料:5,700円

 

プロジェクトマネージャー試験(PM)は情報処理技術者試験の一区分です。プロジェクトマネージャーを対象とした国家試験で、プロジェクトを適切に組織・運用する能力が問われます。合格すれば、業務を遂行する上で必要なスキルを高いレベルで習得していることが証明できるでしょう。

 

合格率が低い難関試験として知られていますが、高い評価が得られるため、取得するメリットは大きいといえます。

 

応用情報技術者試験

・実施機関:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)

・試験スケジュール:毎年4月・10月

・試験会場:IPAが指定する会場

・取得者数:279万5,747人(2020年12月25日時点)

・受験料:5,700円

 

応用情報技術者試験(AP)は、プロジェクトマネージャー試験と同様、情報処理技術者試験の一区分です。試験に合格することで、経営戦略や情報戦略を策定・分析して提案できるスキルを有することが証明できます。

 

プロジェクトマネージャーを対象とした試験ではありませんが、プロジェクト管理に関する基本的なスキルがあることを証明する資格としておすすめです。

 

ITストラテジスト試験

・実施機関:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)

・試験スケジュール:毎年4月

・試験会場:IPAが指定する会場

・取得者数:25万3,876人(2020年12月25日時点)

・受験料:5,700円

 

ITストラテジスト試験(ST)は高度情報処理技術者試験に属する国家試験で、事業戦略の策定やシステム開発において主導的な役割を果たす人材を対象とした試験です。取得することで、ITプロジェクトを主導して推進するのに必要なスキルを備えていることが証明できます。難関試験のひとつですが、転職時にスキルを証明できるため、有利になるでしょう。

 

プロジェクトマネージャーになるためには?

現在プログラマーやシステムエンジニアとして働いている方でも、プロジェクトマネージャーを目指すことが可能です。ただし、計画的なキャリアアップが必要です。ここでは、プロジェクトマネージャーになる方法と、さらに上を目指す方のキャリアパスについて解説します。

 

まずはキャリアアップでプロジェクトマネージャーを目指す!

プロジェクトマネージャーを目指すには、プログラマーから経験を積みキャリアアップしましょう。最初はプログラマーとして就職し、実務経験を積み重ねつつプロジェクトを進めるのに必要なスキルを習得します。多くの場合、以下の順番でキャリアアップすることになるでしょう。

 

1.プログラマー

2.システムエンジニア

3.プロジェクトリーダー

4.プロジェクトマネージャー

 

プログラマーやシステムエンジニアとして働きながら、新しい知識を学び資格を取得すると、良い条件での転職に有利です。

 

さらに将来性を高めるために!プロジェクトマネージャーからのキャリアパス

プロジェクトマネージャーになった後、さらに上を目指す方のキャリアパスは主に以下の2パターンがあります。

 

・スペシャリスト:開発業務のスペシャリストとしてシステム開発の現場に戻る

・ITコンサルタント:ITを活用してユーザーの課題を解決するコンサルティングの専門家を目指す

 

スペシャリストとして働く場合、今まで培ってきた高い技術力を生かしてシステム開発に携わることになるでしょう。一方、ITコンサルタントを目指す場合、ユーザーの課題を発見し解決するための交渉力や観察力が求められます。どちらが自分に向いているか考え、キャリアプランを構築しましょう。

 

転職もあり!プロジェクトマネージャーは人材不足の傾向にある

 

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの成功に関わる重要な役職であるため、需要は高まる傾向にあります。ただし、高いスキルがなければ、仕事に就くのは難しいでしょう。プロジェクトマネージャーになりたい方は、有利な資格を取得して将来に備える必要があります。

 

また、転職を検討している方は、スキルアップだけでなく自分に合った優良企業を探すことも大切です。自分の持っているスキルを評価し、活かしてくれる企業を選ぶことで長く活躍できる可能性が高まるでしょう。

まとめ

プロジェクトマネージャーは、ITプロジェクトを成功に導くために欠かせない職業です。高度なスキルを求められる人材であるため、キャリアを積み重ねつつ転職を目指しましょう。

 

プロジェクトマネージャーへの転職を検討している方は、IT業界に強いジャパニアスにご相談ください。ジャパニアスは、AI・IOT・クラウドをはじめとした先端エンジニアリング事業を手掛けています。キャリアアップを目指して転職したい方は、ぜひご相談ください。

 

CATEGORY
カテゴリー

RANKING
人気記事ランキング

     

Related article
関連記事