MENU

BLOG/ ブログ

組み込みエンジニアとは?転職方法や年収を徹底解説。

エンジニア基礎知識
組み込みエンジニアとは?転職方法や年収を徹底解説。

ITに関連するエンジニア職の求人に目を配ると、組み込みという職種を頻繁に見かけることになります。業界内ではお馴染みともいえる組み込みエンジニアですが、未経験の方にとってはどんな意味をもつ言葉なのかわからないという方もいるのではないでしょうか。 この記事では、組み込みエンジニアの仕事内容や、他業種からの転職方法について詳しくご紹介します。見込み年収、必要とされるスキルや資格、そして将来性についても確認したうえで転職を目指しましょう。

 

組み込みエンジニアの仕事内容とは

最初に、組み込みとはどのような意味をもつ言葉なのかを解説します。組み込みエンジニアは需要が高く、今後も多くの求人が寄せられる可能性が高い仕事です。また、混同される仕事のひとつに制御系というものもあります。このふたつの違いについても整理しましょう。

 

「組み込み」という言葉の意味とは

組み込みエンジニアは、家庭用または工業用のハードウェアに組み込むシステムを開発することがおもな仕事内容です。特定の機器に積み込むシステム開発などを専門的に実施することから、「組み込み系」といった言葉で分類されます。

 

このようなシステムは、ソフトウェアや基盤、センサーなどを組み合わせて製作することが一般的です。たとえば、家庭用の家電機器に搭載されているマイコンに組み込まれたプログラミングを開発するのも、組み込みエンジニアの仕事のひとつです。

 

最近ではIoTなどのテクノロジーも本格的に稼働し、組み込みエンジニアの需要は拡大を続けています。IT関連の専門企業のみならず、家電や自動車などのメーカーにおいても求人数が多く、転職しやすい職業と評価できるでしょう。

 

こういった特徴があることから、一般的なエンジニアを上回る800万円前後の年収を手にできる可能性もあります。また、仙台や福岡、宇都宮といった都心からは離れた都市だとしても、比較的就職先・転職先を見つけることがかんたんです。

 

制御系エンジニアとの相違点

組み込みエンジニアと同一視されることが多い職種に「制御系エンジニア」というものがあります。制御系エンジニアは、大枠でいえば組み込みエンジニアと同等であると考えて問題ありません。システムを搭載するハードウェアにも大差がありませんが、細かな相違点が存在します。

 

制御系の場合、その名前のとおり、機能を制御するためのプログラミングを専門的に開発するという点が特徴です。たとえば「特定の条件下で自動車のスピードを30km/h以下に制御する」といったシステム開発を行うのが制御系エンジニアの仕事です。

 

組み込みエンジニアになるメリット

組み込みエンジニアとして働くメリットを整理します。前述したように、この職種は伸び盛りともいえる職種であり、高い需要が期待できるといった大きな利点があります。また、やりがいを感じられる仕事であることも、ポイントとなるでしょう。

 

将来性が豊かで需要が高い

従来までの組み込みエンジニアは、一部の家庭用機器や工業機器のシステム開発を担う限定された仕事でした。しかし昨今はAIの発展やIoT技術の登場により需要が拡大し、エンジニアとしてもとくに将来性が豊かな職種といえます。

 

専門的な知識と技術が求められるため、一人前の技術者になるまでには長い時間を要することが普通です。ただし、必要とされる知識を身につけることができれば、あらゆる業種の企業で長く活躍できることは間違いありません。

 

先進技術に貢献できることにやりがいを感じられる

これからの組み込みエンジニアは、AIあるいはIoTに関連する技術開発を中心に、作業を進めることが予想されます。こういった先進技術を自らが作り、住みよい社会を生み出すことに貢献できるという点に、やりがいを感じることができるでしょう。

 

たとえば自動車という分野では、IoTを事故の予防や渋滞の解消に直結させられます。それ以外の面でも、あらゆる産業の生産性向上を実現することが可能です。日本全体を底上げできることも、組み込みエンジニアとして活躍するメリットといえます。

 

組み込みエンジニアが感じやすいふたつのデメリット

組み込みエンジニアには、前述したメリットと引き換えに、いくつかの代償を支払う必要も生じます。この職業で活躍するにあたり、どのようなデメリットと向き合うことになるのでしょうか。大きなポイントとなる2点をご紹介します。

 

品質管理が困難を極める

組み込みエンジニアが制作するシステムは、常に稼働を続けるプログラムに搭載することが前提となります。運用の途中でなんらかの不具合が発生した場合は、不具合を即座に解消するための調整が必要になる点がデメリットです。

 

家庭用機器などを販売する場合、リコールなどの問題が起こらないように、慎重な開発と品質管理が求められます。企業向け、公共向けのシステムの場合、可能な限り稼働する状況を維持しながら品質管理を実行することが重要であり、この作業には熟練の技術が必要です。

 

シビアなスケジュールを強いられる場合が多い

組み込みエンジニアによって生み出されるシステムは、それ自体が単発で作動するものではありません。製品の一部として搭載される一種の「パーツ」であることから、製品の発売日や稼働日に合わせて納品することが求められます。

 

その結果、組み込みエンジニアはシビアなスケジュールを強いられる場合が多くなる点がデメリットです。不具合に対処するための時間的余裕も必要になりますので、状況によっては残業や休日出勤の可能性もあるでしょう。

 

組み込みエンジニアに求められるスキルを解説

組み込みエンジニアとして活躍するために必要となるスキルをまとめます。この職種は極めて専門性が高く、エンジニアとして幅広いスキルが必要です。そのため、どのような技術をもつ人に適性があるのかを確認しておきましょう。

 

プログラミングの基礎知識

まずはプログラミングに関する基礎知識が求められます。とくにC言語は必須スキルのひとつであり、C言語を深く理解することが組み込みエンジニアとして活躍するための最低条件といえるでしょう。

 

電子基板に関連する基礎知識

組み込みエンジニアが作成するプログラムは、家電に代表されるさまざまな機器を動かすために用いられます。プログラム単体の知識だけでもシステム開発自体を行えます。しかし、電子基板や電気機器そのものへの理解を深めることが、優れたシステム開発に役立つのです。

 

英語力

現状では、システム開発のために取り寄せるパーツは海外製が大半を占めています。こういったパーツの使用法を正しく理解するために、多少なりとも英語力が必要です。とくに英語の読解力をもつ人材は、企業からより重宝されることになるでしょう。

 

未経験から組み込みエンジニアになるための実績の作り方

専門知識が求められる組み込みエンジニアですが、未経験からでも転職を目指すことはできます。ただし、エンジニアとしての経験や基礎知識が求められることが一般的です。取得しておくと便利な資格や、生かしやすい経験について解説します。

 

プログラミングを学べるスクールに通う

プログラマーとしての経験がない場合、プログラミングを学べるスクールで基礎知識を身につけるという選択が有効です。組み込みエンジニアだけを目指すのであれば、機械そのものについても学びやすい電気や電子系に強いスクールを選択するとよいでしょう。

 

ただし、実務経験ゼロで転職できるのは20~30代までが中心です。40代以降の場合は並列処理を実行できるスキルをもつ人材が求められる場合が多く、いきなり組み込みエンジニアに転職することは難しいといえます。この場合未経験可の企業に勤め、プログラマーとしての実績を重ねてチャンスをうかがいましょう。

 

組み込みエンジニアになるためにもっていると便利な資格

とくに重宝する資格としては「基本情報技術者試験」があげられます。基本情報技術者試験は合格率20%前後という難しい国家資格で、保有しているとハードウェアもふくめて幅広いITの知識をもつ人物と認定されやすく、転職活動に有利になるでしょう。

 

上記の資格がベースになりますが、「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」や「ETEC」も重要性の高い資格です。どちらも組み込みシステムの設計や構築の知識をもつことを示す資格であり、組み込みエンジニアになるための免許証ともいえるでしょう。

 

また、国際的な知名度の高い資格としては「OCRES」の取得もおすすめです。OCRESは130ヶ国以上で実施されている試験であり、レベル別に3段階の認定を受けられます。OCRESの上位資格を保持することで、国内外を問わずに組み込みエンジニアとして活躍するチャンスを増やすことが可能です。

 

志望動機には組み込みを希望する理由を明確に示すことが重要

面接においては、志望動機のなかで、組み込みエンジニアを希望する具体的な理由を明確化することが重要です。プログラミングに関する職種がとても多いなか、なぜ組み込みを志望しているのかという点を簡潔に伝えましょう。

 

たとえば「IoTへの関心の深さ」を示すことも、説得力を生み出す要素になります。プログラマーとしての基礎的な能力のほか、家電や自動車などへの知識の深さについても触れ、実務経験の乏しさを補うプレゼンを行えるように心掛けましょう。

 

まとめ

組み込みエンジニアは、家庭用・工業用などの機器に組み込むシステムを専門的に開発・運用する技術者を指す言葉です。IoT技術の開発やAIの発展によって需要を拡大させており、あらゆる業種で社会に貢献しながら活躍できる職種になります。

 

未経験から転職する際は、基本情報技術者試験をはじめとするいくつかの資格を取得し、即戦力として活躍できることをアピールすることが重要です。とくに「OCRES」は国際的にも認知されている資格であり、保有することで転職を有利に運べるでしょう。

 

CATEGORY
カテゴリー

RANKING
人気記事ランキング