MENU

BLOG/ ブログ

プログラマーになるために資格は必須?おすすめの資格を難易度別にご紹介

ITエンジニア
プログラマーになるために資格は必須?おすすめの資格を難易度別にご紹介

プログラマーとして活動するためには、普通の学校や職場では学ぶことのない知識を身につける必要があります。これらの知識をもつことを示すために利用できるのが資格です。資格はどのタイミングで取得することがベストなのか、気になる方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、プログラマーになるために資格がいるのかどうかを解説するとともに、おすすめの資格について難易度別にご紹介します。独学だけでもプログラマーになれるのかどうかもふくめ、プログラマーになるための最短ルートを探りましょう。

 

プログラマーになるために資格は必須?それともいらない?

まずプログラマーとして、就職・転職するために資格は必須なのでしょうか。世界中ではさまざまな資格試験が実施されています。試験に参加して資格を取得する価値があるのかどうか、資格によってメリットが生じるのかどうかを解説しましょう。

資格取得は必須ではない

プログラマーになるために資格取得は必須ではありません。たとえば自動車を運転するためには免許証が必須ですし、医師として働くためには医師免許が必須です。しかし、プログラマーにこのような免許は必要ありません。

 

企業から採用される、あるいはクライアントから仕事を受けることができれば、だれでもプログラマーとして働けます。資格取得はあくまでもプログラマーになる手段のひとつのため、必ずしも試験を受ける必要はないでしょう。

 

資格を取得することで能力を可視化できる

それではなぜ資格取得を希望するプログラマーや、プログラマー志望者が多いのかというと、資格を取得することで自らの能力を可視化できるためです。資格をもつことにより、その資格の基準を満たす能力を備えていることが証明できます。

 

資格を保有していれば、採用する側の企業やクライアントも任せられる仕事の種類を判断しやすくなります。自分自身の能力を最大限発揮できる職場や仕事を探すうえでも、資格の効力を存分に生かせるでしょう。

 

未経験者が就職・転職するためのパスポートになる

実務経験がなく、実績をもたない状態でプログラマーに転身したいと考える方も増えています。未経験者にとって、資格は就職・転職に向けた貴重なパスポートといえるでしょう。

 

企業から見れば、プログラマーとしての経験をもたない人材を採用することはリスクです。資格は実務経験と比較すると効力が弱まりますが、一定の知識があることを示すツールになります。なにもない場合と比べると、就職や転職がしやすくなるでしょう。

 

資格を取得するタイミングはいつがベストなのか

プログラマーに関連する資格は、年齢不問で試験を受けられるものが大半です。新卒でプログラマーを目指すなら、高校生・大学生という時点で資格取得を目指してもよいでしょう。とくに大学生は、就職活動が本格化するまえの1、2年目から資格取得を目指すことがベストです。

 

高校生の場合、資格取得と並行して大学の理工系学部や、プログラミングの専門学校を選択することを意識するとよいでしょう。30代以降で転職を目指すのであれば、転職活動をはじめるまえにスクールなどに通い、資格取得を目指すことをおすすめします。

 

プログラマーの国家資格と民間資格の違いとは

プログラマーになるための資格は、国家資格と民間資格の2種類にわかれています。大半が民間企業によって実施される民間資格ですが、IPA基本情報技術者試験に代表される国家資格も、プログラマーへの登竜門として認識される有名な資格です。

 

試験のタイプは資格の種類によって異なり、国家資格と民間資格で明確に区別されることはありません。筆記試験だけで実施される試験があれば、実技試験が追加される試験もあります。試験の内容を事前に知り、現実的に合格を目指せる試験なのかどうかを把握することが重要です。

 

また、希望するプログラマーのジャンルに応じて、取得すべき資格の種類は異なります。次の項目ではWeb系、SIer系という2つのジャンルにわけ、とくにおすすめできる資格を難易度とともにお伝えします。

 

プログラマーの系列別に見たおすすめの資格7選

プログラマーは、系列によって取得すべき資格の種類が異なります。将来的にどのような職に就きたいのかを考え、逆算しながら資格取得を目指すことが重要です。今回はWeb系とSIer系にわけて、おすすめできる資格をランキング形式でご紹介します。

 

Web系プログラマーが取得すべき資格

Web上で動かすシステムを開発するプログラマーを「Web系」と分類できます。Webで使われるシステムは、複数のプログラミング言語で運用されていますので、このような特性に対応できる資格取得を目指しましょう。

 

1位:PHP技術者認定試験

非常に需要の高い資格として知られ、初級と上級に分類されています。初級の場合は合格率が例年70%ほどであり、比較的かんたんといえます。初級はプログラマーを目指す学生も取得することが多い資格ですので、まずは初級の試験に合格することを目指しましょう。

 

上級は実務を経験したプログラマー向けの試験となり、合格率は例年10%以下になることが普通です。上級資格の取得後は、最難関資格となる認定ウィザードの取得を目指せます。認定ウィザードの資格をもっている人は、ほかプログラマーからも一目置かれる存在となるでしょう。

 

2位:Ruby技術者認定試験

こちらもPHP技術者認定試験と同じくレベルの高い資格です。Rubyは非常に多くのクライアントが使用する言語であり、資格を取得することで仕事の幅を増やしやすくなります。PHPと並行して資格取得を目指すこともおすすめです。

 

こちらの試験は、初級あつかいのシルバーと、上級あつかいのゴールドの2種類に分類されています。ゴールドの合格率は低く、一定の実務経験をもつ人がおもな対象です。また、将来的には最上級難易度のプレミアムが追加される予定です。

 

SIer系プログラマーが取得すべき資格

クライアントから依頼を受け、先方が希望するとおりのシステム開発を行うのがSIer系プログラマーの仕事です。データベースをはじめとする知識を、臨機応変に活用する必要があります。Web系とは違った知識が問われることになるため、以下の資格取得が有効です。

 

1位:ORACLE MASTER

SIer系プログラマーにとって基礎中の基礎ともいえる、データベースに関連する知識をもつことを証明できる資格です。著名なオラクル社によって実施されている民間試験で、2020年1月からは体制が一新され、上位試験をよりかんたんに受けられるようになりました。

 

ランクはブロンズ、シルバー、ゴールドという3種類にわかれており、将来的にはプラチナランクが追加される予定です。シルバーランク以降の難易度が高く、合格するためには一定の実務経験が求められます。

 

2位:マイクロソフト認定試験

マイクロソフト社によって行われている認定試験です。世界最大といわれている企業が実施する試験とあって、資格を取得することにより全世界で通用します。資格の内容は分野ごとにわかれており、必要なものだけを選べる点もメリットです。

 

とくにC言語の公認資格としては高い信頼性を得ており、資格を保有することでC言語に関する専門知識を保持することを示せるでしょう。注意すべきなのは、1年以上のアプリ開発経験実績をもつ人物のみを対象とした試験になるという点です。

 

プログラマー全般におすすめできる資格

プログラマーとしての本格的な勉強をこれからはじめるという方の場合、どの分野を選ぶべきか決断し切れないというケースが目立ちます。そういった方が取得を目指すべき資格についても、合計3種類ご紹介します。

 

1位:ITパスポート

大学生から社会人まで、幅広い世代から人気の資格がITパスポートです。非常にカジュアルで取得難易度が高いわけでもありません。とはいえ、情報処理技術者試験として公式に認められている国家資格です。

 

プログラミングに特化した内容の資格ではないものの、エンジニアが基盤とすべきリテラシー全般の能力を問う試験です。IT関連職に就くための熱意を伝えるためにも、最初のステップとして取得を目指すとよいでしょう。

 

2位:C言語プログラミング能力認定試験

こちらは民間試験ですが、C言語に特化したプログラミング能力を示すうえで重要視される資格のひとつです。前述したマイクロソフト社による試験と比較すると難易度が低く、2級までであれば、プログラマーとしての実績が少なくても合格を目指せるでしょう。

 

またこの資格を取得するための過程のなかで、プログラミングの実戦経験を養えることがメリットです。そのほかのプログラム言語を習得するにあたり、第一歩を踏み出すための資格としても高い価値をもっています。

 

3位:基本情報技術者試験

経済産業省によって実施されている国家試験のひとつです。名前のとおり、情報処理技術者としての知識を有することの証明になります。専門業界のみならず、幅広い業界からの知名度が高く、取得しておくと就職や転職をする際に評価されやすくなることがメリットといえるでしょう。

 

基本情報技術者試験をとおして、セキュリティやデータベース、ネットワークといったプログラミングの基本を学べます。構築・運用・保守といったさまざまなシチュエーションで役立つ基本を学べますので、技術者としての柔軟性を示せる資格です。

 

まとめ

プログラマーになるために資格取得は必須ではありません。しかし、ここでご紹介した資格を取得することにより、就職や転職が容易になります。新卒でプログラマーを目指すのであれば、高校・大学時代から資格取得を目指すとスムーズでしょう。

 

資格にはさまざまな種類があり、目指す分野によって取得すべき資格の種類も異なります。まずはどういった分野に進むのかを決めて、進路に合った資格の勉強を行いましょう。まだ明確な進路が定まっていない場合は、ITパスポートや基本情報技術者試験などの取得を目指すことがおすすめです。

 

CATEGORY
カテゴリー

RANKING
人気記事ランキング