課題

2017年9月12日 11:01 AM

本日は課題について話したいと思います。

課題とは『解決しなければならない問題』と定義されます。
問題とは現状-実際の姿と、目標-あるべき姿との差異です。
つまり私達が定めた目標と現状の間にギャップが生じるとその状況が『問題』です。
また問題は事象、課題は取組です。
問題はそこに存在するものであり、課題はその解決のための手段として自分に課す事が出来るものです。
課題とは問題を解決する手段です。

具体的に例を用いて考えてみましょう。
地球温暖化により異常気象や海面上昇が懸念される-これが問題です。
地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を削減する必要がある-これが課題です。
会社関係で言うと会社の売上が下がっているのが問題で、課題は売上をアップする為に
部署や自分のノルマをこなすことです。

問題が発生し課題を形成し目標を定め実行計画を立てる。つまりPDCAということになります。
私は常に目標を立てなさい、優先順位を決めなさい、決めたらPDCAをしなさい、それを
具体的に5W2Hで行いなさいとしきりに言っています。

問題を認識できない人は課題を設定することは出来ません。
出来ない人は問題・課題・目標・与えられたノルマを達成すれば良いや、となります。
しかしこうしたことはただやれば良いという事ではありません。
そこで計画を立てるとか実行し検証するということをやらねば意味がないのです。

大切なことは論理的思考を身につけることです。
しかし多くの人はこれが出来ません。
いざ使おうと思っても使いこなせない人がほとんどです。

どうしてでしょう。
それは考えようとしないからです。すぐ行動に移すからです。
『これは問題だ』と思ったら解決しようと行動してしまうのです。
深く考えないで解決しようとするから全く解決出来ません。
そしてそういう人はそれを繰り返します。

何故その問題が起きたのかということをあらゆる角度から深く考え、或いは他人に
聞き、自己確認することをしなさいと私は常々言っているのですが中々出来る人は
多くありません。
これは目標に対する思い入れが薄いからです。
目標に対するやらされ感。これでは正直無理です。
或いは出来もしない目標を立ててやる気になっている人。
目標とはスローガンではありません。あくまで論理性がなければいけません。

論理的思考力を強化或るは上手く使いこなせるようになるにはどうしたら良いでしょう。
まず最初は常に論理的思考を意識することです。
自分は論理的になっているのか。問題があってそれを課題として捉えて解決するという
ことを常に意識をしているか。
何か起きたら最初は『運が悪い』とか『困った』とか思ったとしても、それは何故か、
何故それが起きたのかという事を意識して考えるのです。

論理的思考を身につけるにはそれを繰り返し行うことです。
常に意識をするということは、物事をより深くより広く考えること。
或いは大きく考えられなければ分けてパーツごとに考える。
或いはどんなに小さなことでも筋道を立てて自分で物事を考える。
それが論理的思考です。

すぐに行動するのではなく一度立ち止まって意識してその事柄について自分なりにどう
しようか、どうしたら良いか考えてみるのが大事です。

思考力を鍛えることは筋力トレーニングと同じで一気には出来ません。
富士山だっていきなり頂上には行けません。五合目まではバスで行って後は歩く訳です。
筋力もいきなり鍛えられはしません。何度も何度もやって身につけるのです。
論理的思考を習慣化することを学ばねば進歩しません。

感覚人間は偶には上手く行くこともあります。
しかしスポーツでも感覚的に打てば良いのだということにはなりません。
『ゴルフなんてただ打てば良い』と考えている人は強くなれません。

皆様方についても会社のことというより自分自身を強くしないと社会で生き残って
いけないということを私は心配しているのです。
会社はどうなるか分かりません。
自分は生ある限り生き残って行かねばなりません。
それは生計を立てて行かねばならないということです。

どういう上司が来るか、どんな組織に身を置くか、それは分かりません。
相手の好き嫌いや偏見、或いは運が悪くて上手く行かないことはあります。
私もそんな人生でした。

ただ言えることは、論理的な思考を身につける為に常に学習し実践し反省するという
ことを繰り返しやることです。これによりスキルは格段に上がっていくはずです。
スキルとは単なるテクニックではありません。自分の思考力です。
身体の動きであっても、身体が勝手に動くということは本当に勝手に動いている訳では
なく思考力の中から動いているのです。
思考力の無い人が天才的にバットを振るなどあり得ません。

皆様も業務の中ではたと止まって論理的思考を身につけ、課題を解決して頂きたいと
思います。

地政学的リスク

2017年8月8日 9:33 AM

本日は地政学的リスクについて話したいと思います。
『地政学的リスク』は最近よく聞く言葉ですが、皆様も知っておくべきことであり
企業戦略にも影響を与えています。

地政学的リスクとは一般的にテロや戦争、更には財政破綻から生じるリスクを
意味しており投資家の立場から見た不確実性を指しています。

元々は2001年に同時多発テロが発生した直後、ニューヨークの株価が急落し世界経済の停滞を招いた件が地政学的リスクという言葉が使われ始めた最初になります。

地政学ですから地理的政治的リスクと捉えます。
ある特定の地域が抱える政治的軍事的緊張の高まりが地理的位置関係により特定地域
或いは世界全体に先行き不透明感を与えることです。
昨今ではイギリスの経済的に言えばEU離脱やロシアのクリミア半島侵攻、或いは朝鮮
半島の脅威等があります。

嘗ては石油に関連し運河や海峡のリスクがありました。
代表的な例に真珠湾攻撃があります。真珠湾攻撃は何故起こったのでしょう。
一説ですが、当時から日本の弱点はエネルギー調達にありました。
その頃には石炭が使われなくなり石油が必要になりました。
戦前の日本はアメリカから石油を輸入していました。
しかしアメリカは日本が満州国を作り中国に進出するなどおかしな動きをしていると
いうことで石油の輸出を禁止したのです。
これはどこか現在の北朝鮮に似ています。
国連決議で北朝鮮への石油輸出を禁止しました。実行されるかは別ですが。
北朝鮮は石炭はありますが石油はありません。
ですから完全に輸出停止すればロケット開発は出来なくなるのです。

話を戻します。
石油を止められて日本は焦りました。
アメリカからの石油がストップすれば備蓄は1年分しかありません。
ここで戦争を起こし油田を奪わねば日本は滅びてしまうと考えました。
そこで日本が注目したのはインドネシアのスマトラ島とボルネオ島です。
日本は満州国からインドネシアに侵攻して行きました。

スマトラ島とボルネオ島を奪ってもタンカーで日本に石油を運ぶ為に通らなくては
ならない海峡がバシー海峡です。
そこにはフィリピンに駐留するアメリカ軍が待ち構えており日本のタンカーが通れば
撃破されます。
フィリピンに駐留している米軍の本拠地はハワイのホノルルでした。
つまり石油を安全に運ぶ為に真珠湾を叩いたのです。

現在において地政学リスクは拠点戦略に影響を与えています。
例えばアスクルを例に挙げましょう。
先般埼玉の物流センターが火災で焼失しました。
アスクルは全国に7つ物流倉庫があり大きいのは横浜です。
全国展開している会社の大半は東日本、中部、関西に拠点を設けています。
本社機能は東京本社と大阪本社と分けています。
それは地政学リスク故の選択です。

私がジャパニアスを創業した頃、あるお客様が拠点を静岡に移されました。
私はその時地政学リスクを考えました。それは地震です。
静岡で大地震があれば我社の社員は全員返されてしまいます。
それを恐れて神奈川や東京のお客様の開拓に注力しました。

実際に東日本大震災で被害を被った企業は数多くあります。
倒産を防ぐ為には分散投資という考えが必要です。
一極集中は非常に効率が良く且つ利益も高いですが、何か事故があった時の被害が
甚大になります。
戦争または地震や火災などの災害、風評被害などがあった時
拠点が一つだと壊滅してしまいます。

代替機能を持つ拠点を設けていかないと事業は大きくなりません。
小さな会社にあっては何か事故があった時の対応が不可能なら廃業するという選択もあるでしょう。
逆に言うとリスク分散に向けて手を打っていくことが大きく発展する源になるのです。
発展はリスクに晒されます。
一つの行動を起こせば良いことと悪いことが背中合わせにあるものなのです。

昨今は画期的な商品が少ない様に感じます。
例えばスマホ。画面が割れにくいとかメモリが多くなる等の改善はあっても革新的なものは
もうないのではないでしょうか。
現在それがあるのは自動車です。
ガソリンから電気、水素、自動運転と今まで無かったものが出て来ています。
その次はAI。ですがこれはもう少し先になるでしょう。
今AIをやっているところは未だ赤字だらけです。

後はIT。
15年前のアメリカの時価総額の高い主要15社はGM、GEや石油会社がメインでその中でIT企業はマイクロソフトだけでした。
それが今はグーグルやアップル、アマゾン、フェイスブック等のIT企業が並んでいます。
15年前から残っているのはマイクロソフトただ一社。
更に15年後これがどうなるかは誰にも分かりません。

日本も三大財閥や五大財閥と言われていますが今やソフトバンクの孫財閥が注目されています。今後はそれに続く会社が続々出て来るでしょう。

我社も含め、勝ち残る為にはリスクを恐れずに拠点を展開するのも大事なことです。

ネットの暴力

2017年7月21日 8:46 AM

本日はネットの暴力をテーマに話したいと思います。

最近、暴言や不倫騒動等で記者会見やYou Tubeの動画等がしばしばテレビで放映されています。
不倫等は元々個人のプライバシーに属する或いは夫婦間のことであって他人がとやかくいうことではありません。
しかし世論を受け或いは視聴率稼ぎを狙って民放各社が競い合って放映しています。

例えば某政治家の暴言音声。
彼女は公務員-税金で収入を得ているのでこれを流すのは仕方ありませんがこの音声は150回放送されました。
一方リベンジポルノというものがあります。
スマホ等によって撮影した画像や動画をネットに流すことですがこれは刑法犯として処罰されます。当然のことです。

個人のプライバシーをネットで公開する行為は今のところ犯罪と見なされます。
これを取り上げるマスコミも犯罪に加担していると言っても過言ではありません。
こういうもの-政治でも経済でも世界の出来事でもない情報を流し続ける日本は平和ボケであり低俗な国家になっていると私は思います。

何故日本は危機を感じていないのでしょうか。
それは北朝鮮の様な問題だけではなく日本経済そのものについても同様のことが言えます。
例えばアメリカやヨーロッパでもそろそろ金融緩和-金の垂れ流しを止めようとしています。
アメリカは金利を上げてお金を押さえています。
ヨーロッパのドラギ総裁も金融緩和を止めて利息がつくようにしようとしています。

一方の日本。
日銀の黒田総裁は打つ手がありません。

例えば物価指数です。
総裁は就任して5年目。2%のインフレ率を提唱していますが現在0%台です。
そろそろ次の発表があるでしょうが現状では2%を目指すとはとても言えません。
日本の失業率は現在3.5%です。これは完全就業と言っても過言ではありません。
もし失業率を2%にすれば、インフレ率は2%になるかも知れないと言われていますが
失業率2%という国家は有り得ないでしょう。黒田総裁は手詰まり状態です。

日本の代表的企業の筆頭株主は日銀です。これは異常事態です。
また国債の大量所持者は日銀です。日銀は国債を発行し銀行を通して自分で買っているのです。
この出口は大変なことになるでしょう。
現政権の支持率が落ちている原因は加計問題だけではないでしょう。

余談になりますが憲法改正の話をしましょう。
憲法9条第一項には永久に交戦権を放棄するとしています。
第二項にはその為に陸海空軍を持たないと規定しています。
それでは自衛隊とは何でしょう。
もちろん自衛隊は災害があれば一生懸命救助に向かいますし支援もします。
しかし災害支援の為にある訳ではありません。国家を守る為にあるのです。
つまり自衛隊は軍隊です。日本は陸海空の軍事力を保持していると言えます。
『戦争をする手段としての陸海空軍は持たない』と言っても実際に持っているのだから憲法違反ということになります。
だから安倍総理は第三項で自衛隊について『軍隊ではないから存在を認めてくれ』という記載しようとしているのです。

話をネットに戻します。
現在話題になっている松居一代氏は小林麻央氏を除くとアメーバブログで総合第一位です。
アメーバブログはお金になります。
松居氏はこの勢いが続けば3ヶ月で1億稼ぐのではないかと言われましたが現在はYou Tubeに舞台を移しているようです。
You Tubeの動画配信は自由です。それを民放各社が引っ張り出しているのです。

改めてネット社会について考えます。
ネット情報は便利で世界中に瞬時に伝わります。
しかし放送には放送禁止用語や各種の放送規制があって最低限のルールがありますがネットはルールがありません。
こういう世界にさらされているということは危険極まりないということです。
我々企業もブラック企業を通り越してとんでもない会社と言われてしまう可能性があります。

ネットには細心の注意を払う必要があります。
或いは気にしない、噂話には耳を傾けない覚悟が必要です。

不確かな情報に振り回されずまた不確かな情報で他人を傷つけることのないよう肝に銘じて頂きたいと思います。

ストレス

2017年6月15日 11:18 AM

本日はストレスについて話したいと思います。
ストレスは皆様も日々感じていることと思います。

生活上のプレッシャーを感じた時の感覚をストレスと言っています。
これは苦痛や苦悩を意味するdistressが短くなった言葉だと言われています。

ストレスを感じると心臓がドキドキします。
これをネガティブに捉えると実際血管が収縮し心不全の原因となることも
あります。
ところが『新鮮な血液を心臓にどんどん送り込んでいる』と肯定的に捉えると
血管が収縮しなくなるということが分かりました。
つまりストレスとは捉え方によって健康に全く害が無いということが言えます。

とは言っても誰しもが日々の悩みに苛まれています。
私にも悩みはありますし極度のプレッシャーに苛まれることもあります。
体調が悪くなることもあります。

人はどういう日々の悩みを持っているか例を挙げてみましょう。
1番目は人間関係。
嫌な同僚がいる。そりが合わない上司がいる。或いは嫁姑関係。
人は嫌いな人がそばにいるとイライラするものです。

2番目に仕事にプレッシャーがある時。
締切がある。ノルマがある。或いは仕事がうまくはかどっていないなど、そういった
ことでイライラします。

3番目は人間の付き合い。
社会で生きている限り一人では生きて行けません。従って多くの人と付き合いを
することになります。そうすると自分の思い通りにはなりません。
付き合うとなると嫌な人もいますし気疲れすることもあります。

4番目はお金のトラブルを抱えている時。
家計が上手く行かない。サラ金に金を払わねばならない。賭け事で負けて
しまった。或いは住宅ローンが払えないといったお金にまつわるトラブルは
ストレスのもとです。

ストレスを溜め込んで行くと病気になって行きます。
我社でもストレスチェックをして社員の健康状態を監視していますが、
心の病は中々他人が注意しただけでは治りません。
その内に免疫力が段々低下して行きます。

だからと言って、逆にストレスを全く感じていない人は駄目な人間です。
緊張感があるからストレスを感じるのです。ストレスが全く無い人は緊張感が
足りないということです。
つまりストレスとは逆の見方をすると成長して行く為の『伸びしろ』になるかも
知れないものなのです。

捉え方によってストレスは溜まったり解消されたりします。

例えば、他人が褒められているところを見た時つい自分と比較して自信を無くして
しまう。他人と比較して自分は駄目だと思ってしまう。

他人が小さなミスを犯すとイライラしてしまい他人が許せなくなる。

自分の言動がどう思われているか、他人が自分をどう見ているか気になる。

『あの時こうすれば良かった』と後々いつも悔やんでいる。

自分のことより他の人のことを優先して考え後から自分が損をしたと後悔する。

そういったことが思い当たる場合は捉え方を変える必要があります。
ストレスとは当たり前のことです。
これを苦痛と考えて逃げたら全く成長しませんし、人間として寂しい人生になって
しまいます。

大抵の場合ストレスとは不安です。
不安と言う概念は広いですが、これをどうやって解消するかにつきるでしょう。
ストレスを抱えていない人間はいません。
一生懸命解消しようと日々努力しています。

ではどうするか。
それは目標を持つことです。
これは私が常に言っている私の哲学です。
それも自ら目標を設定することです。他人に設定されることではありません。
自分なりの器量で目標を設定すれば良いのです。

目標は夢でも希望でもありません。現実です。現実にはある程度リアリティが
あります。
私は『リアリティがあるなら5W2Hに置き換えろ』と言っています。
これは15年言い続けているのですが実行している人は多くありません。
こういうと『私には私の価値観がある』と言う人がいるのですが、
私は価値観を変えて欲しいと言っているのではありません。
やり方をこうして欲しいと言っているのです。

やり方とは5W2Hです。
誰が何時どこで何を何故どの位幾らで-それを書かないといけません。

例えばマンションを購入するというプランを立てるとしましょう。
誰が?-自分が購入する。
いつ頃購入するか?-3年以内。
どこに?-みなとみらいが良い。
どうやって?不動産屋かチラシを見て探す。
幾ら?-ローンは幾ら位か。管理費、固定資産税を計算して支払い能力があるか。
これを銀行からどの位の金利で借りるか。
実際に家を買った人はこれをやっています。だから家が買えたのです。

仕事についてもそうした観点からやって頂くと良いでしょう。
そこには他人は関係ありません。比較もしないし嫉妬もしないし羨ましいとも
思いません。他人は関係ありません。自分が立てた目標だからです。

例えば私は創業社長として年商50億円ですがソフトバンクの孫氏は9兆円です。
あの社長は凄いといつも言っていたら劣等感に苛まれます。
そんなことはしません。孫氏は凄い。しかし私とは違う。
そうやって人間は生きているのです。

ただひたすら自分の立てた目標に着目して実行していればストレスは軽減して
行くのではないかと私は思っています。
ストレスを感じている方は是非実践して頂きたいと思います。

生涯未婚率

2017年5月15日 12:00 AM

本日は生涯未婚率について話したいと思います。

その前に先日のフランス大統領選挙について話します。
フランス大統領選挙では中道左派のマクロン氏が圧勝しました。
しかし投票率は75%でした。これは国民の4分の1は棄権したということです。
彼の圧勝は消極的選択の結果に過ぎません。
敗れたルペン氏はEU離脱を主張する極右です。国民はこれはNoだと言ったのです。
一方のマクロン氏は中道左派で若い。こちらの方がマシであるとフランス国民が考えた結果がマクロン氏の圧勝なのです。
いずれにしてもこれでフランスのEU離脱が避けられEU残留が決定した為、大幅なユーロ高円安になりました。

マクロン氏はどういう人でしょう。
彼は現在39歳。 田舎の高校で17歳の時に担当教師だった23歳年上の既婚女性-現在のブリジット 夫人に求愛しました。
当然許されるはずもなく彼はパリの高等学校に編入します。
優秀だった彼は大学卒業後は人事院に入りその後投資銀行で辣腕を発揮します。
その時の年収は何と2億5千万円だったそうです。
その後27歳で晴れてブリジット夫人と結婚。 娘3人に恵まれ現在では彼女らは結婚し孫が6人居ます。尚ブリジット夫人の元夫は銀行員で彼とは離婚が成立しています。
フランスは恋愛に寛容な国です。日本ではありえないことです。

マクロン氏はエリートであり貧乏な人達が歓迎する人ではありませんが
いずれにしてもマクロン大統領誕生によりヨーロッパは安定したといえるでしょう。

韓国では北朝鮮に対し寛容で日本は大嫌いという文氏が大統領に選出されました。
日韓関係がどうなるか注視する必要があります。
北朝鮮については5月は田植えの季節なので休戦するだろうと言われていますが…。

さて生涯未婚率の話です。
生涯未婚率とは50歳未満で未だ一度も結婚したことのない人の割合です。
この割合は年々増加傾向にあり最新の調査では男性が4人に1人、女性は7人に1人という結果が出ています。
どういう人達が未婚であるのか詳しい状況は分かりませんが、私が想像するところ、
結婚する意味・意義、結婚するべき社会的制約がなくなって来たことが未婚者増加の要因である様に思います。

現在はグローバル且つ自由であり、また『独身だから』というセクハラやパワハラなどのハラスメントについても 厳しくなりました。
離婚も3組に1組はしていますし転職は当たり前になりました。
大正昭和に築かれてきた従来の封建的規範から社会がかなり解き放たれ、 『独身でも良いだろう』と思うようになったのが一因である様に思います。

どういう人が独身なのか。 親御さんに養われている方もいればフリーターの方などもいるでしょう。
想像するに年収が低い方に多いのではないかという気がします。

またこれからは65歳以上が2.5人に1人という時代がきます。

結婚しなければならない法律はありませんし個人の自由です。
論評することは差別になるからしませんが、どういう傾向によってそうなったか 類推する・分析することは大事だと思います。

あらゆる統計的数値で一番大事なのは中央値です。
例えば統計で言われる平均年収は400万ですが、富裕層に限って見てみましょう。
富裕層は日本以外-フランスでもイギリスでも1%程度存在します。
富裕層の平均年収は各国で違いますが2,400万円程度です。
これはあくまで平均であり年収は下の人は1,400万円で上は100億円とか1000億円という人もいます。 実は富裕層の格差の方が大きいのです。
平均は意味をなしません。平均の誤謬というものもあります。
ですから我々が注目すべきは平均ではなく中央値なのです。 一番多いゾーンはどこかが重要です。

仕事をしたり物事を考えたりする時も中央値を意識すると良いでしょう。
とがった上や下を排除した方が正確な姿が見えることが多いのです。
もちろん平均にも世相の動向が反映されているから意義はありますが。

皆様も一つの統計を見た時にただ結果を眺めるのではなく何故そうなったのかを考えてみて下さい。
分析することで見えてくるものがありますし、それを続けていれば自然と力が身について来ます。

カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ