健康診断

2018年2月15日 9:55 AM

本日は健康診断について話したいと思います。
労働者の健康診断につきましては労働安全衛生法第66条に定められています。
健康診断の実施は事業者の義務であり使用者による健康診断の不実施は法令違反となり
罰金が課せられます。
一般検診の項目は11項目程度ありこれは労働安全衛生規則第44条に定められています。
X線、血圧、貧血、肝機能、血中脂質、血糖値、尿、心電図などが検査されます。

労働者は事業者が行う健康診断を受けなくてはなりません。「受けなくて良い」では
ありません。
「健康診断は面倒だ」と言う意見もあります。
しかし検診とは自分の命を守ることです。
会社がやれというからやることではありません。自己管理の最たるものです。
人間の身体は若くても年寄りでもどこかに病気が潜んでいることがあります。
実際、我社でも健康診断で病気が見つかった人はいます。
早期に原因を突き止めて適切な手当をすることが会社の義務でありまた労働者の義務です。

それを大きく履き違えることは-「やらなくても良いだろう」とすることは自らの命に
関わります。
強制なのかと問われることもありますが健康診断は法令で決められていることです。
実施をしない事業者は法令違反で処罰されます。

また昨年よりストレスチェックが実施される様になりました。
平成27年12月より労働安全衛生法第66条で労働者50人以上の事業者についてはストレス
チェックが義務となったのです。

我社の受診率は本年度について言えば本社は非常に高かったのですが、
技術社員については例年になく低いのが現状です。

健康とは会社が面倒を見るものではありません。
常に申し上げていることですが自己管理が出来ない人間は必ず失敗します。
特に健康については過信をしてはいけません。
誰であれ客観的なデータで見なければ健康か否かは分からないのです。
逆に言えば例えば血液検査をするだけでも多くの病気の有無が分かります。

人間の基本は健康であるということです。
このことが分からない方については言って聞かせるべきです。
私も先般体重がかなり重い方にどこか悪いのではないかと申し上げました。
本人は「どこも悪くない」と言うのです。
「そんなことはないだろう」と重ねて問うと実は血圧が少々高いと言い出しました。
本人の口から出た数値は「少々高い」どころではありませんでした。
すぐに医者に行って血圧降下剤を飲む様になったそうですが本人は元気だと言います。
元気だという認識が極めて甘いと言わざるを得ません。
もし身近にそんな同僚が居たら受診を促してあげることが人を救うことになります。

「義務ですか」とか「行かなくてはならないですか」などと子供の様なことを言う
人がいますが会社の健康診断は義務です。
私は健康診断すら受けない人は管理職に不向きだとさえ思っています。
「自分ひとりで生きているから良いのだ」という甘えは払拭して頂きたい。
独身でも親がいます。親より先に死ぬのは不幸です。
結婚していれば配偶者が、場合によっては子がいます。

私も先般検診を受けました。当然のことですが私は毎年受診しています。
本年で70歳になる私ですがお陰様で全て正常でした。肺活量などはアップしています。
これはトレーナーとの体幹運動の効果かも知れません。
皆様も何かご自身の身体についてケアをすることをして頂きたいのです。

ちなみに他社はどうかと言えば、我社と同規模の事業者の平均受診率は83%です。
尚、社員数が多い程受診率は高くなり社員数が少ない会社程受診率は低いという結果が
出ています。

3月末まで残り少なくなりましたが未だ間に合います。
未受診だという方はご自身の為にきちんと受診して頂きたいと思います。

稲盛和夫氏のアメーバ経営

2018年1月11日 10:03 AM

新年あけましておめでとうございます。
本日は稲盛和夫氏のアメーバ経営について話したいと思います。

稲盛氏は京セラの創業者で現在86歳。
稲盛氏は経営者マインドを持った社員を多く作ることに力を注いで来ました。
アメーバ経営はまさにその為の仕組です。
これは会社を小さな組織に分割しリーダーがトップと同じマインドを持ち採算をしっかり
見ながらそれぞれの組織を経営してもらうということです。
トップ一人では経営はいずれ行き詰まります。
トップと同じ理念を共有し採算をしっかり見据えた社員を多く作っていかねば危ういのです。

先日もテレビでライフコーポレーションの清水氏が話をしていましたが、組織は社長から
駄目になります。
多くの場合会社はトップから腐ります。社員から腐ることはないということを語っていました。

稲盛氏は名経営者です。
実際に多くの稲盛信者がいて海外でも評価されています。

稲盛氏はどういう人生を歩んだのでしょう。
稲盛氏は鹿児島で生まれました。
稲盛氏は西郷隆盛を非常に尊敬しており敬天愛人という西郷隆盛の精神を大事にしています。
利他の精神-他人の為に働くということを是としています。

稲盛氏は23歳で鹿児島大学工学部応用化学科を卒業し、京都の松風工業という小さな会社に就職します。
稲盛氏は大学卒業後に東京の一流企業を多く受けて全て落ちています。
最終面接に残った企業は2、3社あった様ですが、田舎者で標準語を話すこともままならないこともあり上手く行かず落とされました。
他の受験者は皆素性も良く立派に見えて控室にいるだけで極度の劣等感に苛まれたと語っています。
就職に失敗した稲盛氏は大学の教授に泣きつき松風工業を紹介され入社しました。

当時の松風工業は赤字経営で今にも潰れそうな会社でした。
同期は5人おり中には京都大学の方もいたそうです。
しかしその内の3人は「このままでは将来が無い」と辞めてしまいました。
残った稲盛氏を含む2人も「このままではどうしうようもない」と自衛隊の幹部候補生の試験を受けました。
試験に合格し郷里に必要書類の戸籍抄本を送ってくれと頼みましたが兄は送ってくれず、
その為に自衛隊に行くことは出来ませんでした。
もし兄が戸籍抄本を送ってくれていたら-自衛隊に入っていたら今の稲盛氏はなかったでしょう。

兄は『例えどんな会社でも入れてもらった恩を忘れて簡単に辞める様な奴はけしからん』
と稲盛氏を叱りました。稲盛氏もそれを聞き入れて会社に残ったのです。

その後稲盛氏は開き直って高周波絶縁体のセラミック材料の研究に没頭します。
その内に研究が成功し松下電器産業-現在のパナソニックから大量の注文が入ります。
そこで入社1年しか経っていなかった彼が現場のリーダーになってセラミック材料を作ることになりました。
しかし多くの社員は「若造」がグループの上に立つことを快く思っていませんでした。
やむなく稲盛氏は会社を辞め27歳で京セラを設立します。
京セラはその後日立製作所から大量のセラミック受注が来て経営が軌道に乗って行きます。

稲盛氏は経営の根幹として6つの精進を掲げています。
6つの精進とは人生や仕事において重要となる実践項目をまとめたものです。

1つ目は誰にも負けない努力をする。
これは大事なことです。私が知っている中でも「私は圧倒的努力をしている」と豪語する
人がいますが実際に努力をしているし素晴らしい結果を出しています。

2つ目は謙虚にして驕らず。
人生の中で誰しも時には慢心し謙虚さを忘れてしまうことがあるものです。
振り返れば私自身も嘗てはそんな時期があった様に思います。
成功する人とは謙虚に努力することが出来る人です。

3つ目は反省のある毎日を送る。
反省と聞くと悪いことの様に感じるかも知れませんが大切なことです。
反省すべきことに気づけば改めることが出来ます。
反省が進歩に繋がります。

4つ目は生きていることに感謝する。
不平不満を持って生きるのではなく感謝の心を持つこと。
感謝の心が生まれてくれば幸せを感じられる様になります。その感謝の気持ちを
伝えることで周囲の人もまた幸せを感じます。人は一人では生きていけません。
成功する人は常に感謝の気持ちを忘れないものです。

5つ目は善行、利他行を積む。
世の中は因果応報です。悪いことをすれば悪いことが、良いことをすれば良いことが返って来ます。
仕事でも同じことが言えます。
善行を積み重ねて行くことで良い方向に進めていくことが出来るのです。

6つ目は感性的な悩みをしない。
人は誰でも失敗をしますし間違いも起こします。
しかしそれをいつまでも思い悩んでいては意味がありません。
反省は必要ですが済んだことをいつまでもくよくよするのではなく理性で考え
新たな行動に移ることが成功への道です。

稲盛氏はこれらを実践し現在の地位を築きました。(52歳でKDDIを創業。78歳で日本航空を再建)

新年を迎えるにあたり新たな目標を立てた方は多いかと思います。
それを成功に導く為にこうした考え方を知ることは有効です。
是非皆様も精進して頂きたいと思います。

目的と目標

2017年12月14日 3:06 PM

本日は目的と目標について話したいと思います。

目的と目標は「目指す」と言う意味では同じですが最終的に実現しよう・成し遂げよう・
到達しようとするのが目的であり、差し当たって実現したり成し遂げたり到達するのが
目標です。
目標は目印と言われる場合もあります。
目的を達成する為に定めた目印が目標という言い方もあります。

つまり私が常々言っている目標とは差し当たってのものということになります。
目的とは一度も言っていません。

PDCAは計画を定めることから始めます。
計画は目標を達成する為に定めます。
例えば我社の今期売上目標は48億円です。

PDCAはとても難しくきちんと実行出来ている人は殆どいません。
例えば「今年の売上目標を達成出来るよう頑張るぞ」という決意は誰でもします。
しかし誰がどうやってということを具体的に言えるでしょうか。
「誰が」とは全員ではありません。誰かなのです。
営業・採用・事務管理-色々な方面にあって誰が主人公で誰が分担するか。
これは大抵の人はやっている筈です。
しかし「どうやって」を決めているか-ここが問われるところです。

具体例を挙げてみます。
私は先日主治医から5キロ痩せるよう言われました。
痩せないと腰が悪くなるし脚が衰え歩けなくなって来ると言われたのです。

そこで「では食事制限をします」と言ったところ「それは駄目です。意味がありません。
運動をしなさい」と言われました。
具体的にどうすれば良いか問うたところ主治医は私の性格を鑑み「ジムに行くのが良い」
と言いました。
そこで私は即決意して12月1日からジムに入会しました。
どうしたら上手く行くか相談すると「モチベーションが上がるインストラクターをつけ
なさい」と言われました。
そして先ずは体幹を鍛え、1月から本格的に行うことになりました。
私は日中殆どの時間はPCの前に座っています。
これでは筋肉はつきません。

スポーツをして筋肉をつけた上で体重を減量する。
これは私がやりたい仕事をやり切る為にやるのです。
やりたい仕事をやり切るには体力が必要です。
この場合の目的はそれです。長生きの為ではありません。
そして目標は減量です。

どこで?
-ジムで。

誰が?
-私が。

何時までに?
-半年位で。

どの位?
-5キロ。

どうやって?
-筋肉をつけて。

誰と?
-インストラクターと。

PDCA、目標を持つこと、優先順位を決めること、5W2Hをやること。
部下を指導する時にこれらは常に必要になります。

今年本社では社員が来年度の目標設定シートを記入し人事部長が指導しました。
私はスキルがつかない人、努力しない人の給料を上げることは出来ません。
成果とはまた別です。成果は努力に関係なく出る場合もあればどんなに努力しても
出ない場合もあります。
この場合の努力とは具体的な目標に向かってやって下さいということです。

具体的なものがすらすら言えないとそれは目標を立てたことにはなりません。
それを上司は見逃してはなりません。見逃す上司は上司失格です。

上司はPDCAでは先ず目標を設定する時に登場します。
実行は本人が行います。
上司は評価の時にも登場し「このやり方はまずい」等と改善を促し改善計画が立て
られます。
改善計画が無いということは上司が全く関与していないということです。
或いは本人に改善する気が無いということです。
「私は出来る」と思っているのかも知れませんが世の中に仕事が出来る人など
いません。
天才だって色々言われます。
自分は出来ると思っているなら自惚れも甚だしい。
上には上がいます。人は誰しも未熟なのです。
かく言う私も叩かれまくっています。これは結構なことだと私は思っています。

皆様も目標を立て実行してみると中々上手く行かないことがあるでしょう。
しかしそれで良いのです。
黙っていても出来る目標は目標ではありません。それは単なる指標です。
経験で出来ることを立てたに過ぎません。

私は5キロの減量をやります。
ジムで筋力をつけると決意しました。
12月は準備期間で1月から本格的にやります。
最初からバーベルを上げてもおかしくなります。段階があるのです。

皆様方も来年は1年PDCAを回し必ず目標達成するよう頑張って頂きたいと思います。

社員旅行

2017年11月13日 2:47 PM

本日は社員旅行について話したいと思います。

11月11~12日に我社は社員旅行を行いました。180名の参加でした。
近年、社員旅行を見直す機運が高まっています。
以前は会社の強要だとか個人の自由或いはプライバシーの侵害ということから
評判が非常に悪く嫌われていましたが、このところコミュニケーションの強化
或いは普段会えない社員との交流の場として見直される機運にあります。

我社は創業から毎年11月に18回連続で社員旅行を行っています。
16回までは世界遺産巡りを兼ねた温泉旅行を行っていましたが昨年から都市型に
変更しました。
昨年はディズニーシー。
本年はライオンキング鑑賞後ホテルで大宴会、表彰式、抽選会、二次会、翌日の
ボーリング大会と内容は盛り沢山です。

中でも恒例となった新入社員達の余興に会場は爆笑の渦でした。
昨年に続き本年も50名の新入社員が3チームに分かれ余興を披露してくれました。
ひげダンス、ガールズコレクションと銘打った女装、ブルゾンちえみの35億のネタ。
新入社員の芸の面白さに会場は大いに盛り上がり私も楽しみました。

余興は個人及びチームの創意工夫並びにコントをどの様に構成するかといった
ことが試され、社員の思わぬ才能を発見出来ます。
また新入社員達も余興をしたことで様々な発見があったと言っていました。

彼等の素晴らしいチームワークを目の当たりにし新入社員の活躍により
将来が期待出来る会社に変貌しつつあるという事を実感しました。
私にとって今回は今まで以上に会社の未来を感じた社員旅行となりました。

翻れば、18年前に全社員6名で真鶴に行ったのが我社最初の社員旅行です。
その時旅行代金は私の自費でした。会社に金が無かったのです。
それから18年。18回全ての旅行に参加したのは私だけです。
その間の会社の変遷-多くのメンバーが活躍し、また会社を去ったことが走馬灯の
様に私の頭の中に去来しました。
しかし同時に確実に会社が成長している、発展しているということを、
そして従来にも増して理念の浸透と会社の一体化を感じます。

社会の変動並びに今後の日本社会の変遷には予測がつくものとつかないものが
あります。
我社について言えば確実に若返り団結力は増しているということを
ひしひしと感じました。

今後の我社の発展にそれぞれの方が自分の個性を発揮され活躍されることを願って
います。

店舗展開

2017年10月10日 4:27 PM

本日は店舗展開について話したいと思います。

ドン・キホーテの神保町支店は2月に開店しましたが今月末に閉店します。
営業期間は実に8ヶ月です。
この店は8階までありエレベーターで移動します。
1、2階は売れていますが5階以上は全く売れません。
また24時間営業です。
神保町辺りは夜間に人影は全くありません。従って夜間は全く売れません。

ドン・キホーテ自体は成長しています。
独特の商品陳列と品揃え、或いは雑貨屋の様な雰囲気で多くの若者の支持を得ています。
しかし神保町店に限っては僅か8ヶ月で閉店となりました。
これは店舗展開に問題があります。

ハイデイ日高というラーメン屋を運営している会社があります。
日高は駅前一等地かつ首都圏のみに絞って店舗展開しており業績は好調です。
ここの店舗展開を決めているのは創業者です。
彼は人通りとかそこの客層などの場所の空気を読む力というか嗅覚が優れており、
他の人には真似出来ないそうです。
実際彼が出した店舗は大体よく売れています。

繁盛店はどうやって成功しているのでしょうか。
それは市場調査或いは年代別性別の顧客動向などの細かいデータを精査しているのです。
単に場所が良いだろうとか、土地があるからとか、ビルが良いとか、
そういった適当な理由で進出した店舗とは同じ品物を陳列していても明暗が分かれます。
これは国内外を問わず非常に重要な作戦です。

我が業界においても支店や営業所は非常に重要です。
店舗を増さない限り国内でシェアを伸ばして行くことは出来ません。
グローバル企業については当然海外拠点も視野に入れる必要があります。
例えば自動車は日本だけで売っていても500万台も売れません。
一番の市場は中国、次いでインドとなっていくでしょう。
そういった将来性を見据えた店舗展開を考えることが重要です。
それは地域に根差したスーパーや銀行や保険会社や証券会社などにとっても必要なことです。

私も嘗て生命保険会社の企画部にいた際に全国の店舗展開を考えました。
私は民力-その土地の総合的購買力とか人口などの民力を調べ、
民力があり且つ自分が勤めていた会社が有利に展開出来るかどうかを考慮し営業所の統廃合を考えました。

我社についても上位他社の店舗を真似するのではなく自身で考えて展開をしていく必要があります。
今から数十年前、日産自動車はトヨタを抜きたいと全てのトヨタの営業所の近くに日産の営業所を配置したことがありました。
『技術の日産、販売のトヨタ』と言われていた時代のことです。
そうして結果的に日産は惨敗しました。
勝ったのは独自に店舗展開したホンダでした。
日産はその後一時的に転落の一途を辿りました。今の日産からは考えられないことです。

上位他社の真似をしても負けるのです。
例えばマクドナルドの隣にモスバーガーを展開しても負けるでしょう。
モスバーガーの店舗展開は駅から離れた路地裏などに展開していますし店も広くありません。
しかし確実に売上を伸ばしています。
つまりモスバーガーは同社を愛してくれる客層はどういう人達かを分析しているのです。
マクドナルドとは競合しないということです。

派遣業界についても例えば宇都宮の大通りにはあらゆる派遣会社があります。
私はそれ等から離れた所に支店を構えました。
店舗は基本的に創業者の感覚に非常に似ています。

ビルの外観並びにターゲットとなるお客様はどうか。
顧客はどこに定めるか、どこの駅の近くにするのか、駅からは遠いのか、
高くても見栄えの良い所にするのか、安さと広さを優先し辺鄙な所にするのか…
選び方に価値観が出ます。
私個人としてはサービス業は利便性を求め駅の近くが宜しいと思います。
本社がある横浜ランドマークタワーはその象徴です。

事業は一番は商品です。商品がお客様に支持されるか否かが大きい。
商品の次がサービス。サービスには立地も含まれます。
それから集客が問題になります。
店舗展開はそうしたことを総合的に勘案して決めて行くのです。
ただ『あそこの都市は大きいから』という理由で出す様ではいけません。
ここが企画の要諦です。

店舗展開についてある程度会社のやり方を確立していれば、例え小さな会社でも
そこそこの成功を収められる営業所なり支社になって行きます。

ただ販売だけしていれば勝てるということでは全くありません。
第一に差別化はどこでされているかを考えねば営業は成り立ちません。
他人と同じことをしていて勝つことはないのです。
下位の会社は1位の会社がしていないことをやらねばお客様を得ることは出来ません。
では我々はやっているか。それを書き出すのです。

ただ真面目にお客様を訪問することは誰でも出来ます。
皆が出来ないことをする人の方がお客様の支持は得易いものです。
常日頃から頭のなかで考えるのです。
考えることをしない人はいずれ滅びて行きます。
進歩しない或いは成長しないのが最も愚かな行為であると私は考えています。

若い時は失敗も多いし下手くそだし稚拙です。
しかしそういう経験により人は賢くなるし上手くなるのです。

是非そうした経験を重ねて会社に貢献して頂きたいと思います。

カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ