2018年12月10日 3:13 PM

本日は師について話したいと思います。

私達が人生において師を持つということを考えてみましょう。
独学で成功する人は極めて稀で成功者の殆どは師を持っています。

若年の頃は学校や塾の先生に指導され、また家庭にあってはお坊さんや神父・牧師などに
接する機会があった人が多いかと思います。
社会人になると先輩上司がそこに現れます。
しかし学校の先生は選べませんし、会社に入っても上司を選べませんし、そもそも親は
選べません。
つまり余程選択の幅が広がらない限り、何かの定めにより指導者が決まっているのです。
結果的に良い上司に恵まれる方と、そうでない方では随分と差がつきます。
場合によっては、その人にとっての人生に大きな狂いが生じることもあります。

しかし我々は良きにつけ悪しきにつけ先人達‐歴史もそうですし
現在進行形でもそうですが、指導者・先輩達の影響を受けて成長しています。
自分一人で成長していると思ったら大間違いです。そんなことは有り得ません。
フィギュアスケートで優勝した16歳の紀平梨花さんでもコーチはいるし家族もいる。
その上で彼女は厳しい練習と自己コントロールをし精神力をもってあれだけのことを
成し遂げたのです。そしてそれは凄まじい努力故です。
天才とか天性と言われていますが、どれだけの人が天性の才能を持っていても
成功しなかったか。
例えば14歳でオリンピックで優勝した水泳の岩崎さんは、
未だにその時の記録を破れずにいます。

師を持つということは、与えられる場合と探す場合に分けられます。
与えられる人は幸せです。それが本当の意味での師であれば、ですが。
殆どの人は与えられることはないでしょう。
強制的に割り当てられた師は大抵大した師ではありません。
そうすると私達は師を探さなくてはなりません。
師とは自らの目標や自らの将来のあるべき姿に役に立つ、
或いはそれを支援してくれる人です。
人間は弱いものですから自分一人で物事を遂行することは出来ません。
幾らPDCAといって計画を立てても大抵は挫折します。
それはチェックしてくれる人がいない、或いは叱ったり注意してくれる人が
いないからです。
その役割を果たしてくれるのが師なのです。

師を持つことでその人の人間力が非常に向上していくように思います。
師は単なる先輩や上司とは違います。先輩は年が上なだけですし
課長は課長であるだけです。
そうではなく、自分が求めていることを本当に指導・助言・支援をし、
指導とまではいかなくともせめて支援はしてくれる存在が師です。

社会は利害関係で集まっている組織が殆どです。
大人になれば関係するのは殆どが利害関係で集まっている組織でしょう。
その他はボランティア組織です。
利害関係で集まった組織には嫌なことも多々あります。

大切なことは自分がこういう風な人になりたいという人が社内にいるか。
或いは部内にいるか。或いは社外にいるか。はたまた歴史上にいるかということです。
探せばどこかにいる筈です。いないと言う人は向上する意志がないということであり、
私はそういう人を論ずる気はありません。

モデルになる人、即ち師についてその人のかたち‐どんなタイプの人で
どんな生活をしていてどんな本を読み、どんな暮らしをしていて
どのようなことをしているかといった目に見えるものを盗むのです。
それを身につける為に日夜繰り返し真似をして、いつしかそれが
自分に合った形になっていくことが重要ではないかと私は思うのです。

ところで今月は師走です。
それぞれの師‐先生が走り回るという意味ですが、
平仮名の「し」は終わりを意味します。
仕事や四季や年の総仕上げを指しており、つまり12月は年の終わりという意味のみならず
あらゆる意味での終わりでもあるのです。
日本は3月決算が殆どですが、欧米なら12月が決算期です。
12月は年が改まる前に一度過去をクリアしようという月になっているため忙しいのです。

何かと忙しい師走ですが一度ここでじっくりと考えてみて頂きたいのです。
来年を迎えるにあたり自分なりの計画表を作成し
細かなリストを作って実行時期を明記して…という作業をするのです。
ただ年賀状を書いて終わり、など凡人のすることです。
優れた人間は次に向かって確実な計画を立案しています。
これだけのことで人生は激変するのです。

能力や才能は生まれもったものですから言っても仕方ありません。
しかし人はそれぞれ確実に努力することが出来ます。
先ずは計画を立てましょう。その計画には大小は関係ありません。
大会社の社長が偉い訳ではないし、金持ちが偉い訳でもない。
自分との勝負を避けては人生は向上しません。

来年が皆様にとって素晴らしい年になるよう、
この師走を有意義に使って頂きたいと思います。

カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ