騙される男、騙される女

2018年7月17日 6:07 PM

本日は騙される男・騙される女について話したいと思います。

今回のテーマは小説的アプローチです。
騙されるとはどういうことかと私なりに考えると、相手に期待することからまず始まるの
ではないでしょうか。相手について自分に都合の良い解釈をしている-つまり相手は
自分と同じ様な価値観を持った同じ様な人種だと思い込んでいるのです。

騙される人は自分と同じ様な思考を相手にも求めています。
この様に騙されるとは相手は自分とは違うのに自分と同じ様な人だと楽観的に考えること
から始まるのではないかと思うのです。

では騙される男。どんな男性が騙されるのか。
基本的には自惚れが強い男性です。
特に高学歴、その中でも理系。つまり閉ざされた男性だけの世界に生きて来た人です。
高学歴の人は往々にしてプライドが高い人が多いものです。
自分が選んだ女性だから間違いはない、自分は人を見る目があると思い込むのです。

自己愛が強い男性。
自分は優れているという自分への愛が強いと他人の意見を聞かなくなります。
そうした人は自分は間違いを起こさないと思い込むのです。
それなのに彼等は一目惚れし易い。理性的なのだけど人を好きになり易いのです。

信じ込み易い男性。
あの人は良い人だ、素晴らしいと思い込みます。

女性に嫌われない様に振る舞う男性。
女性に嫌われたくないと行動しがちな人は騙され易くなります。

総じて男性の場合は豊かな人-金持ち或いは高学歴の人の方が意外と自信過剰で騙され易いと言えます。

一方騙される女。どんな女性が多いのか。
こちらも似た様な傾向があります。
先ずしっかりしている、仕事が出来る人。
こういう人が騙されます。自信過剰な女性は騙され易いのです。

或いは女子校育ちの女性。
男性と接する機会が少ないと騙され易くなります。

プライドが高い女性。
これは男女共に言えることですが、相手は違うところから来ているのに同化しようとする
人は騙され易いのです。

また八方美人、誰にも好かれたい女性。
良い人と言われている女性は押しに弱く男性の強いリーダーシップや押しに妥協してしまい
ます。

ときめき女性-いつも刺激的な恋愛を求めてしまう女性やイケメン好きな女性。
俗に言う彼氏にしてはいけない3Bと言われる職業-バンドマン、バーテンダー、美容師を
好む人はこれに当てはまるでしょう。
これ等の職業の男性は女性を沢山見ているから女性を知り尽くしています。
女性の欠点も知っているし褒めるのも上手です。
よって彼等は、全員がとは言いませんが、浮気者が多くて二股やそれ以上も平気な人も
多いのです。

お金に余裕がある女性。
経済的に自立している女性。これは金の無い男性が忍び寄ってくる可能性が高いと言えます。

恋愛経験が少ないのに結婚願望が強い女性。
彼女等は今日愛していると言われても明日愛していると言われるとは限らないということが
想定できないので騙され易いのです。

女友達が少ない女性。
これは相談相手が居ないということです。
適切な意見を言ってくれる人がいないと一方通行になりがちです。
冷静な友達がいること、常に相談する相手がいると心強いものです。

自分に自信が無い女性。
男性の顔色を常に気にしたり男性の行動を知りたがる女性です。
メールを見るなど男性の行動を逐一管理したがります。

面倒見が良い女性。
よくいう母性本能が強い女性です。
男の母親になってはいけません。男は甘えるのが上手いものです。
男が甘えてくるということは騙されているということかも知れないのです。

いずれにせよ他人の愛を自分の良い様に解釈しては不幸なことになる可能性が高いのでは
ないでしょうか。

ではどうすれば良いか。
結論は「嫌われる勇気」を持つことです。
「嫌われる勇気」は岸見一郎氏と古賀史健氏によるアドラーという心理学者の「アドラー心理学」を解説した本です。
これはベストセラーになったのでご存知の方も多いと思いますが簡単に言えば
「あの人の期待を満たす為に生きてはいけない」ということを説いています。
つまり「あの人の期待を満たす為に私は居るのだ」と思ってはいけないということです。

相手に好かれようとしてはいけないのです。
男性と女性は根本的に違うしそもそも他人なのですから同化することは出来ません。
あまりに相手に期待することから騙されるのです。

私も随分騙されていますから騙されるのが悪いとは言いませんが、騙されない方が良いに決まっています。
もちろん騙されて強くなることもありますが。

これから暑くなります。
騙される様なことも起こりがちな季節です。
皆様にはよくよく自重して過ごして頂きたいと思います。

カテゴリー
新着記事
月別アーカイブ