MENU

創業者の言葉

評価

2015年12月21日

本日はPDCAのC-評価について話したいと思います。
評価とは業務の実施が計画に沿っていたかを確認するという単純なことです。
基本的に誰でも計画は立てられるし実行出来るが見落としがちなのが確認・評価です。
ここをしっかりやらないからいい加減になるという傾向が見られます。

PDCAは計画を実行して出来た・出来なかったと言うだけでは全く進歩がありません。
実はこのCのところに大きな進歩が隠されているのです。

評価を行う前に計画を実行した環境について確認する必要があります。
『今回は上手く行った』と言っても他社の結果はどうでしょう。
自分はそんなにやっていないにも関わらず周りの環境が良く偶々出来たということであれば高い評価にはなりません。
反対に環境が悪く他社の結果が非常に悪い中であれば自分の計画が未達でも健闘したと
言える場合もあります。
計画は単独であるのではなく他社や景気とも比較するものです。

最も良い方法はベンチマーキング。
これは他社や他の職種などが上手くやっている所・良い部分を積極的に取り入れることです。
しかし他社や良くやった人の真似をすれば良いと言っても簡単ではありません。
真似が出来ないこともあります。
それは組織がそのレベルに達していないから真似が出来ないのです。
しかし真似が出来ない人はそれが分かっていません。

世の中には評論家的な人がいます。
反対意見ばかり述べたり、問題提起や対策は出さずにけちばかりつける人のことです。
彼等は『会社が悪い』とか『円安だから』と他人の所為にする人は自分に対する反省がなく
自分というものを持っていません。
他人の所為にして自分の責任を逃れるのです。
そういう人についてはもう一度現実に戻る必要があります。

三現主義というものがあります。
これは現場・現物・現実という三つの現を重視する考え方のことです。
現場を見ず数字だけ見ても定性的なものは判りません。
現物-商品そのものを見ることで判ることがあります。
現実-作業をしている現場はどうなのか。

自分の目で見ず数字だけで分析出来るのは相当の眼力がある人だけです。
アナリストや分析学の先生などには可能かも知れませんが素人は現場・現物を見ずして
正しい分析は出来ません。

また『あの人が悪い』など実際に解決策を提示せず悪者をつくるのは何の意味も持ちません。
出来なかった根本の原因は何か、それに対する解決策が提示出来るかということが
次のアクションに繋がります。

Cのところである程度の解決策を出せなければAには結びつきません。
計画について出来た・出来なかったで終わるから解決策を提示出来ないのです。

PDCAという言葉で上滑りして実行の段階で思考停止しては意味がありません。
解決策があるから次の行動があるのです。
それが出来なかったらCの機能は全く欠けてしまいます。
計画を立てて実行してまた再計画して実行して…ではPDCAになりません。

人は往々にして数字だけで物事をみようとしますが数字だけでは相当の達人でなければ
矛盾点を見破ることが出来ません。

例えば昨今の消費者動向では居酒屋は苦戦しています。
しかしとらふぐなど家庭で食べられないものを提供する店は善戦しています。
家庭で買ってきた方が安い様なものは売れず単にお祭り的ムードを提供するだけの店は
段々下火になってきています。
消費者行動が変わって来ているのです。
それを見逃して今まで売れていたからこれからも売れるのではないかと思っている会社は
消滅して行きます。

もう直ぐ新年を迎えます。
私もですが正月になると多くの人がお宮参り・お寺参りに行き願掛けをします。
しかし願掛けをしただけで叶った例はありません。
願掛けは単なる希望であって『どういう努力をしてこういう成果を上げる』ということを
具体的に誓わなければ気休めになるだけです。
『一年の計は元旦にあり』と言いますがどういう方法でやるのかまで書き込まねば
タイトルだけ書き込んだのでは何の意味もありません。

世の中は『そう固いこと言わないで良いじゃないか』となあなあで済ませる人がいますが
それでは成功出来ません。
成功する人は緻密であり且つ反省し且つ失敗もします。寧ろ失敗の連続です。
先日話した通り、挑戦するから失敗するのです。
ですから今年一年を振り返って失敗が多かった人の方が来年に繋がる可能性があります。
小さな成功で喜んでいる人はあまり将来性が無いでしょう。
成功する為には自らハードルを上げるのです。

PDCAは非常に深いものです。
各企業にそれぞれPDCAがありそれぞれ考え方が違います。
例えばトヨタの改善に対するPDCAは非常に的を射ていると思います。
私は我社のPDCAを徹底的にやろうと思っています。
これの完成はありません。連続的な行動だと思っています。
評価や確認ということは非常に奥が深いものです。
これから冬期休暇に入る人も多いかと思いますがこの一年を振り返りきちんと評価を
行って来年に繋げて頂きたいと思います。

創業者
西川三郎

ジャパニアス株式会社の創業者、西川三郎が送る”創業者語録”
1948年愛媛県生まれ。慶應義塾大学法学部を卒業し、大手生命保険会社に入社。
その後、中堅エンジニアリング会社を経て、1999年にジャパニアス株式会社を創業。